エクスプロアトゥルース研究所


ひょんなきっかけから「微弱電荷技術」のことを知り、最初は理解できない技術ながらも、少しずつ調べていくうち、実はこの「微弱電荷技術」が身近にある品々、眼にしている景観の中にも使用されていることを知り、俄然と興味が湧いてきました。
更に、技術の提供だけでなく、技術を使って製品化し、販売している企業にも出会い、その企業の視点である我々人体の根幹であるとする『細胞』についても知り得ることとなりました。
恥ずかしながら、この経緯の中で、初めて自分の身体を司る『細胞』のすごさと、同時に、活かせない、活かさない我々“主”の知識のなさを痛感。
そんなショックから、同じように軽視がちな、知らない方々へ、情報を発信したいと思い、「細胞新生ラボ」を立ち上げました。
「微弱電荷」のこと、「細胞」=人体のこと、活用されている状況を発信し、一般概念、通常視点とは違う世界をお届けし、皆さんが自らの細胞を気にするきっかけにでもしていただけたらと思います。

三上史雄