細胞新生商品&企業の紹介サイト

先端技術「微弱電荷」

先端技術「微弱電荷」

「微弱電荷技術」は、産業界(JR、自動車、建築など)・官庁(国土交通省、農水省など)で

多くの使用実績がある世界唯一の特殊加工技術です。

Serendip(セレンディップ)では、美容、健康、生活関連に活用しています。

 

微弱電荷の活用範囲は無限で、産業界では、30年の実績があります。

「橋の振動防止」「公共物の落書き除去対策」「豪雪地帯積雪対策」
「農業革命(肥料無しの微弱電荷トマト栽培など)」「塗装、機能性コーティング」
「ルビーやエメラルドの人工製造 」「洗剤を使用しない洗濯機・食洗器」
「ジェット機・新幹線の洗浄剤」など。

 

 微弱電荷とは

地球上に存在するすべての物質が保有する、とても微弱な電気的性質のことです。
目的に応じて、この微弱電荷をコントロールすることで、

人と物、物と物の相性を高めたり、物質を分子レベルでくっつけたり、離したり、浸透させたり、

均一に分散させたりすることができる、世界唯一の特殊技術です。

 

 微弱電荷技術応用のSerendip美容製品

1.『 微弱電荷スキンケア化粧品 』 (vivianiシリーズ、その他)
「完全差別化サロン」15年の実績
成分を与え続けると、肌は衰えていきます。

 

成分ではなく、肌に微弱電荷を与えて、細胞本来の働きをよみがえらせ、

自分の力で美容成分を作り出す「子供肌を実現させる」、生体機能に則った化粧品です。

 

例え80歳過ぎた方でも、自分で美容成分を作り出す・子供肌を実感できます。

 

詳細は「viviaviスキンケアの仕組み」

 

 

2.『 微弱電荷機器 』 (3D微弱電荷転写機・3Dカード・3Dパッド)
「完全差別化サロン」の決定版

 

お客様の身体(細胞)の持つ微弱電荷(生体電気)と、お客様に使用する施術剤や物販品が

保有する微弱電荷(物質の電気的性質)を合わせることができる機器です。

 

微弱電荷機器のある店舗では、施術、物販品全てが、お客様に最も適した専用メニュー、

及び商品になり、抜群の差別化で単価アップ・リピート率の大幅売上アップに繋がります。

 

現在は、美容室、エステ、治療院、歯科医院で使われています。
今後は、飲食関連、スポーツ関連などへの展開も予定しています。

 

<参考事例:美容室>
1、施術
パーマ、カラー剤などを転写加工することで、薬剤の肌へのアタックが減少し、

色持ち、 発色などもアップするので、施術単価・来店率がアップします。

2、物販
店販商品を転写加工することで、御社でしか購入できないお客様専用商品になります。

3、新メニュー
お客様の持込み品を加工することで、新たに加工売上も発生します。

 

詳細は「微弱電荷転写機器の仕組み」

 

 

微弱電荷機器と、他の微弱電流応用機器との違い

生体電気は微弱な電流ですので、同じような微弱な電流を発する

各種機器(イオン導入器や微弱電流を身体に流す健康機器など)を健康・美容の為に使用される方も多いです。

 

但し、その機器が発している電気信号と生体電気が持つ電気信号は、別物です。

 

殆どの機器は、生体電気より数百倍~数万倍の大きな電気の力で、細胞に刺激を与えて動かすことが目的です。
サロンなどで一時的に使用することは問題ありませんが、毎日のように使用することはお勧めできません。

 

なぜなら、本来細胞が自ら持っている機能が衰えるからです。

 

※微弱電荷は生体電気と同質の電気的性質なので、とても安全に正確に働きます。
①刺激を与えるのではなく、細胞が自らの、本来の働きをすることを後押しする。
②電気的性質を合わせることで、全ての物との相性を高める(チャネル合わせる)。
③電位差を付けて、生体電気の動きを子供のように活性化させる(休火山を活火山に)。

 

一般の波動技術との違い

「微弱電荷技術」は、3D(3次元)波動です。
波動は物理用語であるにも関わらず、一般的には科学的ではなく、宗教的意味合いで理解されていました。

 

それを科学として認識され、産業界で多くの実績を上げてきたのが、微弱電荷技術です。

 

波動で言うと、横波の1軸(線の状態)が1D(1次元)、横波×縦波の2軸(面の状態)が2D(2次元)、

横波×縦波×斜波の3軸(立体の状態)が3D(3次元)になります。

 

通常の波動技術では効果が継続しない、安定しないなどの多くの欠点があり、

それ故、産業界での応用が困難であった訳ですが、3D波動「微弱電荷技術」は、その違いから、

現在、あらゆる産業界における物、サービスに活用されています。

 

 

 

関連記事