本来の機能を働かせるスキンケア! 与える化粧品に頼らない美肌に改善!

毎日かかせないスキンケア。

多くの方々が、きれいな肌を目指して様々なスキンケア化粧品を使用してお手入れに励まれておられます。

ですが、その多くの方々は、スキンケア化粧品がきれいな肌にしてくれると思ってのこと。

肌本来の働きも、機能も、肌細胞の力も、何も知らずのうちに。

体の細胞と同じで、肌細胞が本来の働きをしていれば、自分の力で美しいお肌は手に入り、少々のトラブルも回復する肌を保てるのです。

そんな本来の肌になれば、成分を入れ、外から与える(肌表面に乗せる)化粧品は、要らなくなるのです。自分の力で美肌をつくるスキンケアこそ、本当の意味での美しい肌を手に入れられるのです。

 

<従来の化粧品概念&結果>

従来(多く)の化粧品は何かしらの成分を入れて、その成分がまるできれいな肌にしてくれる

とする謳い文句。

つまりは、与えることをコンセプトにした化粧品です。

では、なぜ、これだけ与えているのに、乾燥肌は改善しないのでしょうか?

なぜ、くすみや敏感肌は改善されないのでしょうか?だから、また、新商品として、新たな成分を与えて続ける繰り返し。それだけ継続しても、根本からの解決に至らない結果は、何なんでしょうか。それは、本来の肌機能に沿っていないことが大きな要因です。その結果、自ら成分をつくりだせる力を止めてしまう。自浄機能まで止めてしまうことをしているのです。機能が停止するから、また、与えることを続ける。

これが、多くの方々の現実です。

 

<本来の美肌概念>

本当にきれいな肌とは、「何も使用しないスッピン肌が潤って弾力がある肌のこと」ではないでしょうか。

その為に、自分の肌細胞を働かせることなのです。

本来の肌の機能として、

① 汗などの排泄 (=温度調節)

② 外部からの危険物質の進入を防ぐ

肌は、出す器官であり、危険物質のからの防御をする機能器官である訳です。

つまりは、きちんと、汗、老廃物を排泄し、防御機能として、真皮層にある繊維芽細胞が働き、自ら成分を作り出すことで、排泄と防御を同時にできている肌こそ、本来の美しい、きれいな肌なのです。

 

<それができるスキンケア術>

本来の肌機能をしっかり働かせるには、細胞から本来の働きをさせることです。

肌を含めたすべての細胞は、脳波を含めた微弱な電気信号(生体電流)によって活動し、絶えず生まれ変わっています。成分を自ら作り出す肌を取り戻すには、肌細胞と同じ電気信号を与えることです。

それができるのが、「微弱電荷スキンケア」なのです。

「微弱電荷技術」によって、肌と同じ電気信号をスキンケア製品に持たせることが可能になり、微弱電荷スキンケアを使用するたびに、肌細胞を動かしていきます。

そして、自らの体内成分(ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、水分)を引出すようになり、外からの成分に頼らなくとも、自らの力で潤い、透き通る美肌を手に入れることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です